七夕コンサートお客様感想集

<第一部>

  • 演奏の方々の素晴らしい笑顔がいいですね。
  • 昨年のクリスマスコンサートは、子供が落ち着かず、ゆっくり聴けなかったのですが、今年は娘も1才を過ぎ、とても楽しんでいたようです。ありがとうございました。
  • 親子ともに、いやされる時間をありがとうございました。特に最後の曲がよかったです。
    また参加しようと思います。(つくば市、Tさん)
  • 飾り付け、素敵でした。2部制なので、小さい子供を気がねなくつれてこられて親子で楽しめました。
    声がきこえづらいので、マイクを使用してもらえると嬉しいです。 
    音がすてきでいやされました。ありがとうございました。 (つくば市、Yさん)

<第2部>

  • 何かと慌しく過ごしている日々の中で、ライアーコンサートは、いつもゆったりとした何か懐かしさも感じられるひとときとなっています。大事なものを心に呼び戻してくれるような気がします。ありがとうございます。アジサイのバスケッットもとても素敵でした! 
    これからも楽しみにしています。 (つくば市、Uさん)
  • とても神秘的で昔の人々の生活がゆっくり流れていたのが浮かんで来ました。神様に守られて入る様な安心感も伝わって来ました。文明が発達してなかった頃は、妖精や悪魔が本当に信じられていたのもうなずける気がします。自然と共存するのが普通だった時代は忘れてはならないと思いました。 (つくばみらい市、Iさん)
  • 7月が誕生日だったので、演奏してすぐ自分の星座の曲が出てきて、良いプレゼントになった。どの曲も心に響き合奏で、心に沢山の響きが入ってきて、また解放するという、繰り返しで、心がいやされました。個人的には“浜辺のうた”が一番良かった。 (つくば市、Kさん)

この続きはこちらからご覧ください。

オルフェの庭 No.26

 6月のオルフェ・クラスでは、ヨハネ祭をテーマに行ないました。
 会の中では、火と光と~ヨハネ祭と梅雨~の資料を元に、主として、キリスト教の伝統のある西洋の「火」の祭りと、この時期、梅雨があり、田植えや豊作祈願など「水」にかかわる行事の多い日本の祭りとの対比に力点があり、太陽が最高点に達する夏至の日を祝う古代の夏至祭りと洗礼者ヨハネとの関連についてはあいまいなままでした。
 ところが、会の中で芝山さんより鈴木一博氏の愛弟子で言語造形家の諏訪耕志さんのブログの一部を少しご紹介いただきましたが、終了後にブログの全文、こころのこよみ「第12週」~ヨハネ祭の調べ~を読みましたら、そのあたりのもやもやが一気に晴れ、目の開かれる思いがしました。

 以下は、こちらからご覧ください。

星のハーモニーのお知らせ

 つくば「星のハーモニー」では、おとなと子ども達が一緒に、穏やかで、優しい時間を過ごすことのできる 集まりです。
 毎月1回 日曜日に、緑あふれる「ゆかりの森」内の建物で、ライアー 演奏と季節のうたの後、 テーブル劇を観る「始まりの会」をします。そして星クラス、月クラスに分かれて、水彩画と手仕事をし、星 クラスは森へお散歩に出かけます。最後に参加者全員で、ライゲン(輪になっておどるリズム遊び)や手遊びや、 お誕生会で「終わりの会」を楽しみます。
 めぐる季節を体で、心で感じながら流れる一日は、子ども達の自由な感覚を広げ、生き生きとした体験を通 して心を豊かに育んでくれることと思います。 どなたでも参加できますので、ぜひ、一度ご参加下さい。(小学生までのお子様の親子が対象です。)

事前申込が必要ですので、興味のある方はこちらを御覧ください。