タグ別アーカイブ: ライアーコンサート

クリスマス☆コンサート2014を終えて

それぞれへの贈り物♪

 今回のクリスマスコンサートは裕美さんが忙しい中打ってくださったお客様の感想集にも書いて 下さっているように会場のさまざまな温かい灯が皆さんに届いたことに嬉しく思い、こちらも素敵な こころの贈り物をいただいた気がします♪コンサートの場だけでなく玖人君がおうちでお母さんから の即興のリクエストに答えてちいさなライアーを上手に弾いてくれる微笑ましいエピソードを知り、 大好きなお母さんへの素敵な時間のプレゼントをされている様子が伺えたり、午前の 部に3世代の親子で来られたお祖父ちゃまが午後の部ではお一人でまた来場下さりそれぞれを別な形で楽しまれたお姿もあったり。さまざまなスタイルで聞きに いらしているのが何となく『いいな~』と感じました。
 そしてそれがなぜかたまたま機会あって年末に私自身が出かけたまったく違うジャンルで、会場の 規模も異なったコンサートでも今度は聞き手として同じように 感じたところに新鮮な驚きがありま した。それはきっとそのアーティストが語ってくれた、自分が大事にしていることの3つのことが、私たちがライアーを通じて 大切にしていうことと重なっているからではないかと。『その会場で生ま れる音楽』、『その音楽を皆と共有すること』、『一緒に演奏する人やファンへの感謝』でした。会場の人々がとても温かいまなざしでコーラス部分を彼女の魔法の手の合図で本当に静かな音量で美しく響かせていたことにもびっくりしました。
 今年もライアーを通じてたくさんの贈り物をいただきました。様々な形でその空間に生まれた美しい音楽に携わった全ての方々に感謝の気持ちで締めくくりたいと思います。新しい年もどうぞよろしくお願いします♪ (Marit)

クリスマスコンサート お疲れ様でした

 午前中は小物楽器やトナカイのお手伝いをさせていただきました。 隅っこの方でやっていても、キ ラキラした子どもたちの瞳にしっかりガン見され、楽しいコンサートだったと思います。流れがよく 頭に入っていなくて、自分の役割を忘れそうになったりもしましたが、裕美さんがフォローしてくれ て助かりました。(裕美さん、いつもお世話をお掛けします。そしてコンサート後もお客様の感想の打 ち込み等、有難うございました。m(_ _)m )
 午後は、あまり練習に参加できなかったにも関わらず、悪のりしてフル出場させて頂きました。 何といっても、今回は「スノーマン」の練習が、私の練習の大 部分を占めていました。「スノーマン」 は冷たい冬のお話なのに、あったかいシチューのように体を暖めてくれる、そんなお話で、やさしい大津さんの声がとてもよくあっていました。しかしながら、曲はテンボといいリズムといい音使いといい結構難しくて、何度も何度も集中して練習しましたが、間違えずに弾くこと がなかなかできなくて、当日までドキドキでした。が、本番は演奏している皆さんが音を聞きあい、一番の出来だったと思います。あ~ヨカッタァと安心してしまい、3部は緊張感がすっかりなくなって、楽しんで演奏することができました。
 「主よ〜」もコラールを弾かせていただき、初めて曲全体の流れを体で感じながら演奏できました。 今年は日曜の開催だったので、仕事のことも気にしないで参加できたことも良かったです。皆様と 一緒に演奏できることが何よりの喜びです。今年も本当にお世話になりました。また、来年もよろし くお願いします。(Kiko)

クリスマスコンサート

 今年もクリスマスコンサートを無事に終えられたこと、お客さまが懐かしい方を含めたくさん来ていただけたことに感謝です。今頭の中で鳴っているのは自分が参加しなかった「雪だるまのダンス」と「天使の糧」なのです。弾かなくてもかなり緊張して聞いていたからかもしれません。
 いろいろと反省点がありますが、今後に向けてまたスタートしていけるといいなと思っています。(はづき)


~クリスマス☆コンサート2014 お疲れ様でした♪~

 皆様お疲れ様でした。アルスホールでは初めてのクリスマスコンサートでしたので、暖房によって調弦が難しかったりと、戸惑いもありましたが、12月1日の定年新聞に記事掲載の影響もあって、遠くからも述べ120名余りの沢山のお客様にご来場いただきました。
 午前の部は、皆さんのチームワークで、子ども達も楽しめる良いものとなりました。
 11月~12月初旬にかけて、プライベイトな事情が重なり、全く余裕がなくリーダー会もお休みになってしまい十分な練習ができなかったこと、お詫びいたします。また午後の部については、企画の段階で考慮が足りず、結果として練習不足となり大変ご迷惑をおかけしました。私が色々な曲を弾きたいと欲張ってしまったためです。今回秋のコンサートも10月第4週目で、練習開始が遅いこと、なかなか全員集まって練習が難しかったことをもっと熟慮すべきでした。次回は皆さんからのリクエストを 取り入れながら、早めの準備を心がけたいと思います。皆さんが満足できる楽しいコンサートを目指して・・・。
 Nokotaには素敵なろうそく飾り、Hisaには、ヴァルドルフ人形の展示、そして何かとご協力、頂き、ありがとうございました。お陰様で、クリスマスの雰囲気が演出されたと思います。

 受付では、Yokoh、sumi、yaman、kayoyoにお手伝いいただき、とても助かりました。
 Yokoh、Yamanには朝早くからいらして頂き、Yamanには譜面台に飾る可愛いフェルトの雪だるま等作成して下さり、嬉しかったです。今回のチラシの素敵なパステル画はKayokoの作品です。吉住さんのポストカードも人気で、沢山のご寄付を頂きました。また今回からNodokaさんに、チラシ&ハガキ&CDラベルのレイアウト等、お忙しい中、お願いすることができ、感謝しています。
 裕美さんには司会~小物楽器まで、エプロンやスノーマンの製作まで、ご多忙中、大変お世話になりました。そして、いらして下さったお客様、ご出演メンバーの皆さんも、本当にありがとうございました。(芝山恭子)


つくばライアーの響き クリスマス☆コンサート2013 ♪無事終了しました

 昨年12月17日(火)つくば市ノバホールホワイエにて、クリスマスの子もり歌が中心のクリスマスライアーコンサート、無事終了しました。東京、埼玉、栃木等、遠方からも合わせて120名余りのお客様がご来場下さり、終演後のティータイムでは、お客様ともお話したりライアーを体験して頂くことができました。詳しくは「クリスマス☆コンサートお客様感想集2013.12.17」「クリスマ☆コンサート2013を終えて♪」をご覧ください。

 


~春のお楽しみコンサート♪開催のお知らせ~

 4月10日(火)10時~オルフェの庭にて、春のお楽しみコンサートを開催します。
 待ち遠しかった春の訪れを、オルフェの庭のたくさんの桜とともに味わうのは格別でしょうね。
 いつものように、一品持ち寄りで、楽しいひとときを過ごしながら春の曲を奏でる予定です。
 どうぞ皆さん、ご一緒にアンサンブルを楽しんだり、聴きにもいらしていただけたらと思います。


3月の公演から

3月3日(土)ピンクリボンの会 ひなまつり がんセミナー             &♪ライアーの響き♪(たて琴)

(Yasu Marit のんのん 根本裕美 momo Fuji 渡辺 芝山)
 ひなまつりの日、以前にも一度お招きいただいたピンクリボンの会のがんセミナーがアルスホールで開催され、最後に8名で、春のカノン、春のあいさつ、春のてがみ、など春の曲や、愛につつまれて、バッハグノーのアヴェマリアを30 分演奏しました。最後にひなまつりを弾いて、皆さんとご一緒に歌い、桃の節句をお祝いしました。
 大震災から一年経ち、またこうして舞台でもアンサンブルできる喜びと、涙しながら聴いて下さるお客様との一体感とで、心からの感動を味わいながら演奏できたように思います。皆さん、ご協力ありがとうございました。

3月15日(木)あひる ありがとうコンサート

(Nao おさちゃん のんのん 根本裕美 momo 渡辺 芝山)
 洞峰公園にある「喫茶あひる」は、建物の構造に加えて、池に面した素晴らしいロケーション・ママさんことE.S.さんのお人柄もあいまって、ライアーには本当にぴったりの空間で、2008 年以来たびたび、小規模で質の高いコンサートを行わせていただいてきました。
 ママさんが「あひる」を始められて約7年。その間に、様々な方の憩いの場となり、心のバリアフリーの場を作ってこられました。 そのお店も3 月一杯で、終わりになり、4 月からは新しい方の経営になります・・。と言うお話を伺って、何か、ママさんに、そして、この場所に御恩返しができないか?と企画したのが、今回の「ありがとうコンサート」でした。 コンサート当日の3 月15 は、犬を連れた方、小さいお子さんを連れた方、いろいろな方が記念館を訪れて下さいました。いよいよ演奏が始まると、空間にすっと溶け込むライアーの音が心地よく、 弾く人と聴く人の一体となった呼吸が感じられ、ゆったりとした時間が流れていきました。 私たちの新レパートリーの「おかあさん」、「逢えてよかったね」「ふたたび」と、心と心を紡ぐ曲たちでコンサートを締めくくりました。 当日、パパさんの入院で、京都から、「どうぞ場所だけでも使ってください」と申し出て下さったママさん、聴きにきて下さった皆さん、そしてセッティング&演奏&美味しいティータイムのお菓子を焼いて下さったメンバーの皆さんに心からのありがとうを贈ります。

momo