「ライアーコンサート」カテゴリーアーカイブ

ライアームーン No.142

〜つくばライアーの響き、14周年~

 2000年7月6日に発足したつくばライアーの響きは、今月14周年を迎えます。
 7月1日、七夕コンサートの打ち上げも兼ねて、東京・表参道のワタリウム美術館で開催中のシュタイナー天使の国展へメンバー10名の皆さんとお出かけしました。クレヨンハウスでのランチ&雑貨屋さん巡りの後、日暮里まで、秋のコンサートの為の布を買いに行き楽しい1日を過ごしました。

~七夕コンサート2014 、無事終了しました~

♪6月29日(日)つくばライアーの響き七夕コンサート2014

 つくば市アルスホールで 11回目の七夕コンサートを開催しました。今回も多くのお客様にご来場いただき、楽しんで頂くことができました。 詳しくは別紙をご覧ください。

~6月の公演から~

♪6月20日(金)つくば市沼崎小学校、放課後子ども教室 ライアー演奏 15:00~15:45 (演奏:Yasu、おさちゃん、Marit、momo、Fuji、芝山)
 「1年生80名をお客さんに迎え沼崎小学校放課後子ども教室にライアー演奏に伺いました。 当日は参観日にあたりどうやら1年生の保護者懇談会の時間を使って、子どもたちは子ども教室に参加しているようでした始まりのほたる、うみは聞きなれた曲だと思ったのですが反応があまりない様子。反対に雨ふりスキップかたつむりではでんでんむしむしの大合唱に♪さすがは1年生、反応が本当にストレートでした。雨ふりくまのこでは語りが始まるとあっという間に静かになってさすがはYasuです。
 今回のプログラムには子どもたちといっしょに楽しめる歌を2曲加えましたがいかがだったでしょうか?
 なんだか暑さと会場の広さといろいろと障害があるなかでの演奏会でしたがなんとかクリアの45分間でした。
 反省点としてはプログラムの選曲を5月にしていたことでしょうか。ちょっと早すぎましたね
 今回演奏に参加して下さった皆さま次回もよろしくお願いいたします(^-^)」            (Fuji)
 「沼崎小一年生の子供たちが、暑い体育館での放課後教室でどのようにライアーを聞いてくれているかなと心配していましたが、『雨降りスキップかたつむり』では『でんでんむしむし…』と一緒に歌ってくれたり、休憩時間になると子供たちが思いがけず、ライアーのところに近づいて興味深く見てくれたり、今にも触りたい衝動にかられている様子がそこにありました。 そして、本当は放課後で解放されたい、じっとしていられない時間の中でも、子どもたちが耳を傾ける一瞬の静寂が必ず訪れること。それは本物を聴くセンサーが後ろ向いていても作動しているし、楽しい『一年中の歌』では、ちゃんと自分のお誕生日の月に嬉しそうに立ちあがる姿がありました。子供たちだけでなく担当の大人の方々もライアーに興味を持っていただいたようで、終了後ライアーを弾く体験もされて、楽しく感じて いただけて嬉しく思いました。」 (Marit)

<初めてライアー体験会>

 昨年から、渡辺さんとおさちゃん担当で、始まりました松代交流センター音楽室での初心者クラス、初めてライアーで、7月18日(金)10時~12時まで、体験会が開催されます。また、お仲間が増えるといいですね。

<並木クラスについて>

 毎週火曜日、並木交流センターで開いている並木クラスは、長年、リーダーのおさちゃんと渡辺さんのお二人に担って頂いておりましたが、他のクラスに参加できない方が増え、ライアー響会教師のコース第2期生として学んでいる方々も多く、また、お二人のご負担を軽減する意味でも、リラックス~動きと歌~グリッサンド~テクニックの内容を、4つに分けて5月から毎回リーダー&サブリーダーの皆さんで分担しています。それぞれの個性が生きるバラエティー豊かなクラスになってきています。先日は常陽新聞のサークル紹介「サークル楽しみ隊」から取材を受け、6月8日に、カラーで「教えることが学びになる」のタイトルで記事が掲載されました。

♪アンサンブルクラス 56回目 7月16日(水)10:30~15:00  会場はL.Moon Roseです。
 6月は、都合により午後から、Yasu、Nao、Keiko、芝山の4名で、主に七夕コンサート2部の練習をしました。4人でも星座の曲がよく響き充実した練習ができました。7月は夏の曲を楽しみたいと思います。
♪ミニアンサンブル&サロン L.Moon Rose(利根町)13:00~16:00 7月9日、24日(水)12日(土)
 「先日は本当に素敵なひと時をありがとうございました。とても心が軽くなり、ふわふわした気分で、お礼もせずに居りました。・・・バラの花が部屋を明るくしてくれました。皆さまにもよろしくお伝えください。Yoko」

♪カトリック豊四季教会でのライアーコンサート♪

2014.5.27(火)にカトリック豊四季教会で行われたライアーコンサート 演奏者の皆さん、聴きに来て下さった皆さん ありがとうございました。
 今年の教会婦人会 役員の方々が、つくばのコンサートを聴きに来てくださっている方達だったことから、「教会まで来て演奏していただけるかしら・・・」とお声がかかり、では エアコンのない季節に~♪ということになりました。
 曲は 私たちが今まで良く弾いているけど、定期演奏ではお目見えしない曲と5月の曲、教会はマリア様の月なので Ave Maria、と G線上のアリア。 少しの練習でも不安の無いように・・・のつもりだったのです。 ですが、交流コンサートで『川は流れる』を聴いたら、どうしても教会で聴いてもらいたくなり、差し替えてもらったのが1週間前!!
 演奏者が揃ったのは当日のみ、パートが替わったり、曲が増えたり・・・。リハの時間が足りなくて ちょっと焦りながらの開始でした。それでも、いつも一緒に練習している~♪というのは凄いことですね。
 演奏が始まったら、ひとつになれる! 同じパートと合わせ、別のパートを聴き、自分の歌(ライン)を紡いでゆく~♪  私自身は、柔らかく~やわらかく~と思いながらの演奏になりましたが、アンサンブルの響きは美しかったのではないかしら。
 聴いてくださっている皆さんの静けさが ず~っと続くものだから、有難いけど、緊張は解けず・・・ さすがに 1時間通しは長かったですね。弾くことしか考えてなくて、ごめんなさい。 始まったら、すべてをmomoにお任せして。 声の調子が・・・といいつつ、やはり自然体で素敵な司会を、ありがとうございました。 一番疲れたのではないかしら・・・どうぞご大切に~
 日本にやってきた初期の宣教師たちは、神様の愛を 神様のご大切 と訳したそうです。
 あなたは神様のご大切。 ライアーの響きにのせて、この思いが広がっていきますように~♪
  感謝~            (Nao)


 友人から頂いたメールから。 『いつも慌ただしく生活しているので、とても静かな気分で一瞬、心清らかになったように思いました。一人の演奏かと思ったら十人位の演奏で、びっくりしました。ライアーの説明も、曲の説明も、何も知らない私にはとても良かった。先日行って来たアシジのウンブリアの静かな風景とダブりました。このような時を頂き感謝です。 』
 『久しぶりに優しい音色が聞けて、私は和らぎの時間をもてました。ありがとう。』
 『お疲れ様でした。まったりとした時間を過ごさせて頂きました。』
 『先日は、素敵な演奏を聴かせていただきました。ありがとうございました。 とっても癒されましたよ。
 良いお仲間がいて幸せですね。
 アンコール(拍手)来年も聴かせてくださいね。』

 どのように響いていたかしら? とメールで書いた返事に。
 『響き良かったですよ。合わせるの大変だろうと思います。皆の気持ちが一緒なんだろうと。』

七夕ライアーコンサートのお知らせ

 毎年恒例の七夕ライアーコンサートを6月29日(日)に開催します。
 コンサートは、つくば駅から徒歩4分にある「つくば文化会館アルス・つくば 市立中央図書館」内にある「アルスホー
ル」と、遠方から来られる方にも便利な会場でおこないますので、みなさま是非お越しください。
 なお、午後は未就学児は参加できませんので、未就学児とご一緒に参加予定の方は午前中にお越しください。

プログラムの詳細はこちらをご覧ください

つくばライアーの響き クリスマス☆コンサート2013 ♪無事終了しました

 昨年12月17日(火)つくば市ノバホールホワイエにて、クリスマスの子もり歌が中心のクリスマスライアーコンサート、無事終了しました。東京、埼玉、栃木等、遠方からも合わせて120名余りのお客様がご来場下さり、終演後のティータイムでは、お客様ともお話したりライアーを体験して頂くことができました。詳しくは「クリスマス☆コンサートお客様感想集2013.12.17」「クリスマ☆コンサート2013を終えて♪」をご覧ください。

 

クリスマスライアーコンサート2013を終えて

17日はありがとうございました。
コンサート盛会でしたね。おめでとうございます。
毎年の皆様の音色の変化を楽しみにしております。
今年は落ち着いて会場にいることができず残念でした。
キャンドルのほうも今年は不本意な出来だったのですが、記念撮影をして帰られるお客様が何組もいらして嬉しかったです。
またご一緒できることを楽しみにしております。
その時はお声かけくださいませ。(Nokota)

今年も 一年大変お世話になりました。
今日 Yasuから ライアcdをいただきました。
ありがとうございます。
早速 開いて今年の事を顧ながら聞いています。
まことに 天から降りてくるような音ですね。
では よい年をお迎え下さいませ。 (Hisa)


 今回、本番にとても気持ちよく演奏できました

 当日午前中の練習でいろいろ合わないところが出てきて、逆に本番での集中力につながったように思います。「クリスマスのおほしさま」の曲名アナウンスで「きらきら星」を歌い始めたお子さんもいましたが、子どもって、そういうものなんだなあという皆様の優しさ、余裕のオーラのようなものが出ていたように思います。
 録音ではかなりそういう声を拾っていたとのことでしたが、演奏がそれでどうかなる、ということはなかったように思います。
 3部は流れがよく、大崩れすることもなく終えることができホッとしています。The first Noelの繰り返しはなくてもよかったかも、とちょっと思いました(1回目の終わりで止まりそうな感じでした)。
 2部は午前中の練習で3Fで聞かせていただきましたが、とてもよく音 が上がってきていました。演奏者の顔が見えないので、なかなか3Fへご案内することはできませんが。逆に、後方通路のところは少し聞こえづらかったように思います。2列の並びもよかったのかもしれません。Good night my angel はせっかくよい詩なので、歌詞の解説か対訳があったらよかったかもしれません。
 練習に参加できず、なかなか担当パート、レパートリーが広がらないのですが、それでもクリスマスはやっぱり一番好きです。今年も参加できて感謝です。ありがとうございました。
 それではよいお年をお迎えください。(はづき)


X’masコンサート まとめて~の感想です

 今年は、X’masコンサートがい~っぱい の年でした。
 11/30の日立 さくらカフェから始まり、12/7は水戸でティンクルのコンサート、12/17は本家本元のつくばライアーの響きのX’masコンサート、それを経て12/20はHearth、そしてしめは、やっと本当のX’masの日に、あんころもちの子どもたちとの、可愛いX’masコンサートでした。
 どれが本当のX’masなのかわからなくなるくらい、ずっとX’masなひとつきでした。どれもこれもみな練習不足に加え、勘違いやメールの読み忘れ、出し忘れなどの不手際も多く、皆様にたくさんご迷惑をお掛けしてしまい、申し訳ありませんでした。
 いつになく、大欲張りなX’masになってしまいましたが、いずれのコンサートもたくさんのお客様に聞いて頂き、喜んで頂けたことが、何よりも励みになっています。カフェや教会や、ノバホールのホワイエだったり、古民家の蔵だったり。演奏した場所も様々でしたが、その時々のライアーや歌の響きも様々で、新たな発見や喜びがありました。忙しくはありましたが、とても楽しくて、こんな素敵な体験をさせて頂いて、本当に感謝しています。
 ティンクルライアーMitoのメンバーは、教会での演奏を通して、ますます士気が高まったようで、来年は更なるレベルアップをめざし、メロディだけでなく、いよいよアンサンブルに挑戦することになりました。私もアルトライアー入門します。どうなるかわかりませんが…。また、くたびれてしまったソプラノライアーの弦も休暇中に張り替えてみようと思います。本当に今年1年、お世話になり、有難うございました。
 新たな気持ちで、くる年を向かえ、そして皆々様に、幸多い年になりますように!(keiko)


 廻るクリスマス♪

 ノバホールホワイエでのクリスマスコンサートが廻ってくると、新たな光が自分の中に照らされるようで、楽しみの一つとなっています。毎年積み重ねられるこの空間は一回限りという感覚ではなく、季節が廻るようにお客様と共に迎え入れて、また新たに生まれる空間というふうに感じられます。
 毎年弾く『主よ…』や 『カノン』も、今年初めてその空間に広がる響きの中に自分がとても心地よくいられる経験をさせていただきました。(但し、あまりの心地よさに違う段に行ってしまって横のメンバーにハラハラさせてしまうシーンもあり、迷惑をかけてしまってすみませんでした…)ライアーの不思議な力なのですね。
 またお客様の中に、秋に松代で講座に参加された方々や竹園で始められた方々がおられ、来年はご一緒に演奏出来たら嬉しいな~♪とこれから一年、共に育む楽しみも出来ました。このように思えるようになったことも、メンバーの皆さんの日頃の熱心なご指導やコンサート毎に出される素敵なアイディアとまたそれを実現させてしまう 豊富な才能のお陰とただただ感謝するばかりです。
 それから今年は渡辺さんご紹介の子守唄GOODBYE MY ANGELでグロッケンを鳴らす担当になりドキドキでしたが、美しい歌声と共に会場に響かせることが出来たのはとても心に残る経験となりました。素敵なグロッケンの楽譜を作って下さったNao、有難うございます。
 新月で迎えた2014年、皆さんと共にたくさんの響きで満たされますように!
 どうぞよろしく お願いします。(Marit)


“感謝”を特に感じたコンサート

 今年のクリスマスコンサートは、“ありがとう”と“感謝”を特に感じたコンサートでした。  会場作りも、メンバーはもちろん、当日、色々な形で関わって下さった皆さんと共に、 長年歩んできた信頼感が生む、流れるような連係プレーで形が出来上がっていきます。
 リハーサルでテンポが合わない所があっても、なぜか大丈夫!と感じる妙な安心感。
 色々なご縁でつながって会場に足を運んでくださったお客様を始め、 木下さんちの「ぼうや」に、またこの空間を見守ってくれている「何か」に感謝。
 メンバーの皆さんとこの場にいて演奏できることへの感謝。 終演後は、ライアーに興味を持って幾人もの方が声をかけて下さり、 ライアーを大切に思う私たちの気持ちをくみ取ってくれたように感じ、温かい気持ちになりました。
 片付けもスムーズに終え、ほっと息をつくひととき。おだやかな時間です。
 帰宅してふと空を見上げると、うす雲がかかってまるで“満面の笑み”を浮かべているお月さま! 思わず「ありがとー!」私の心も満面の笑みになったのでした。(Yasu)


クリスマス・コンサートお疲れ様でした

 大変遅ればせ・・・ですが、クリスマス・コンサートではお疲れ様でした。
 ホワイエの使い方?にも慣れて ササッと準備して、リハ。  えっ(¨;) これで大丈夫だろうか・・・という曲があり心配を残したまま本番~♪
 いつものことですが、リハとは全く別ものの演奏になりますね~♪
  お客様効果でしょうか。

 皆の呼吸が合い、ライアーの響きがとても心地良い。
 これをお客様側で聴いたら、もっと豊かな響きで気持ち良いだろうなぁ~と思いながら弾いていました。
  全体の響きを聴いてみたいものです。 今年はコンサート前に、今までになく良く練習しましたよ、私。
  秋は細かい音符が並んでいて、クリスマスは♯がついた音符が続いていて・・・  練習しないと指が動かない・・・q(>_<、)q
  でも不思議に、無理・・・とは思わなかったので、練習しましたよ(*^^)v
 おかげで とっても指が楽に動くようになりました。
  これをず~っと維持できると良いのですけれどね~。

  シューベルトのAve Mariaは、もっと歌と合わせる時間が欲しかったです。時々 練習してください(^^♪
 Goodnight My Angel は、大好きな曲になりました。 私も歌えたらいいのに・・・
  声が出るように、毎日歌おうかな。
 あとは英語の問題ね^^;   こちらも 時々弾きましょうね~♪ どうぞよろしく♪♪♪(Nao)


~クリスマス☆コンサート2013 お疲れ様でした♪~

 2006年から毎年、ノバホールホワイエでのクリスマスコンサートは今回で8回目、毎回様々な形で、繰り返して参りました。リピーターの皆様をはじめ、東京、埼玉、栃木等遠方からや、体験会で参加された初めての方々など、120名余りの多くのお客様にご来場頂きました。その皆様とご一緒に、心静かにクリスマスの曲の響きを、メンバーの皆さんも共に味わうことができた喜びは最高でした。
 以前定期コンサートで弾いたゴールドベルク変奏曲や毎年のように奏でている曲の数々、特に「主よ人の望みの喜びよ」や「パッフェルベルのカノン」は、会場に一筋の光が差し込む中あたたかく響き合う豊かな音の広がりを全身でたっぷりと感じながら、とても落ち着いて演奏ができたと思います。
 Nokotaが、今回も素敵なろうそく作品で、会場の雰囲気を盛り立てて下さり、またHisaの可愛いヴァルドルフ人形の展示を通して、お若いお弟子さんたちも多くご来場頂くことができました。
 今回はいつもより参加メンバーが少なかったのですが、Yoko、Hisa、Nokota、Fusaに、受付や椅子運び、後片付けまで(最後は唯ちゃんにも!)お手伝い頂き感謝しています。そしてmomo、裕美さんはじめメンバーの皆さん、チラシ~企画、舞台設営~演奏…と沢山のご協力に深く感謝いたします。また次回のクリスマスコンサートを楽しみに~♪ (芝山恭子)