「ライアーコンサート」カテゴリーアーカイブ

12thライアーコンサートを終えて

~12thライアーコンサートお疲れ様でした♪~

 12回目のライアーコンサートの今回、遠くは大阪、神奈川、埼玉、水戸、下妻等から、70名余りの多くのお客様にご来場いただきました。
 第1部、秋のカノンは、暑い時期の練習では季節を先取りしてイメージをもって弾くことはなかなか難しかったと思いますが、コンサートが近づくに連れて、お互いの音が聞こえ、響き合っていく心地良さを、金属の楽器とともに感じられたのではと思います。とても落ち着いた演奏でした。
 第2部の鈴木もえみさん朗読の『花さき山』も大変好評で、もえみさんに教えて頂いた大型絵本の花々が光って見えた様です。舞台背景の山や風車の花々も素晴らしく映えていました。挿入曲は難しい曲でしたが、皆さんから、「お話の雰囲気にぴったり合っていて良かった」とのご感想をいただきました。
 第3部は、もえみさんの流れるような司会で、日本の良さが感じられる曲の数々を、うさとの服でリラックスでき、一曲ずつ味わいながら演奏できたと思います。歌声もきれいで、ライアーの響きが寄り添うように美しく響きました。
 ~まつり~の作曲者、小倉さちこさんも、また、うさとの服の砂辺さんも、そしてお世話になっているS先生もお忙しい中かけつけて下さりとても嬉しかったです。Kurinさんには素敵な切絵制作、Hisaには素敵なお人形テーブル、星のハーモニー月クラスのAsaちゃんには、もえみさんと小倉さんへの花束贈呈、そしてTMさんHMさんには、大変な駐車場係、茂蔵さんには写真撮影、Hiroさんにはビデオ撮影を大変お世話になり感謝しております。そしてmomo、根本裕美さんはじめメンバーの皆さん、ご協力ありがとうございました。

(芝山恭子)

  今年の秋コンサート  うさとの服で、日本の祭り 唱歌 『花咲き山』に選んだ曲も日本の作曲家のもの。
 1部のライアー曲さえ、ゴングの響きとミニ・シンバルで ちょっと今までとは違ったのではないかしら。
 そんな『和』の心情を表現しやすいと思っている私のザーレム・桜ライアーですが、今回 『ふるさとの四季』の伴奏に高音が必要だったため、おさちゃんのゲルトナー・ディスカント・ライアーを使わせて頂きました。
 今まで ザーレムしか弾いたことがなかったので、その違いにびっくり。 ライアーの面白さと難しさを考えてしまいました。桜ライアーを弾く時には、結構きちんと一音一音弦をしっかりとらえて弾いています。
 こんな響きがだしたいなぁ~♪とイメージして弾くこともあります。  ところが ディスカント・ライアーは音色も違いますし、桜ライアーのように弾いてしまうと、力が入りすぎた音になってしまい、とても綺麗な響きとはいえませ ん。 左右の弦の開きも浅いので、隣の弦(半音上の弦)まで音が出てしまうこともあります。 こんなんで良いの~と思うほど力が抜けた時、伸びやかにきれいに響きます。 その響きは 本当に 光の音。 ライアーは光の楽器~と言われた記憶に 実感~♪です。  ですが・・・ 私は置いてきぼり~のよう な??? 私とは全く関係なく、音が響いているような感じがします。 このディスカント・ライアーだけで世界が完了している感じです。
 つくばはザーレムのソプラノ・ライアーが多いので、その中で弾くのはちょっとした勇気がいりました。 響きに違和感があって、これで伴奏を弾くのは・・・  と何度思ったことか。 それでも高音があり、触れるだけで響くので 細かい速い音符はとても弾きやすかったです。 きっと もっと年数をともにして、寄り 添えたらよいのだろう~♪と思います。
 それでも 桜ライアーとは違い 私の気持ちとは関係ないところで響くのだろうなぁ・・・ 光の音は、時に心に射しこんできて 道を示してくれたとしても、私を置いて上ってしまうのだろうなぁ~なんて思いました。
 おさちゃん 自分のライアーのように使わせてもらい、ありがとうございました(^^♪いろいろなライアーを弾くことができるのは、驚きもあり楽しいですね。
 ライアー立ても ディスカント用にはこれがいいよ~と山ちゃんが貸して下さり、コンサート無事にすみました。ありがとうございました。
 実は 前日の夜の自主練習から緊張感がとれず、身体が硬くなっていました。こんなことは初めて(*_*) それが 皆さんのお顔を見て、レスキューパステルをいただき・・・ 最終リハ~♪ 舞台の雰囲気やお人形にほっとして、 そして 本番のとてもよい響きに包まれて、どんどんリラックスしていきました。 始めのゴングも効果大~☆でした。
 終わった時の方が疲れてないコンサートって、初めて~ヾ(▽⌒*)  皆さまのおかげです。 本当にありがとうございました&お疲れ様でしたm(__)m        (Nao)

この続きはpdfでご覧ください。

七夕コンサート2013☆お疲れ様でした

  七夕コンサート2013、お疲れ様でした。いつの間にか、もう10回目と回を重ねてきたのですね。今回初めて、もしかしたら参加できない事態になり兼ねない状況の中で迎えたコンサートでした。皆さんにはご心配をおかけしてしまいましたが、何とか備品も全て持っていくことができほっとしています。

 1部は、72名、2部は50名のお客様がご来場くださり、初めてコンサートにいらしたという方々も多い中、七夕の季節、心静かな時間を過ごして頂くことができました。東京や埼玉、日立など遠くからも聴きにきてくださって本当に嬉しいですね。メンバーのJunko、はづき、Kayoも、応援、そしてご寄付もありがとうございました。
 第1部では、小さなお子さん連れの方々が沢山いらして下さり、ご家族で楽しんで下さっているご様子が微笑ましかったです。
 Fujiのわらべうた、親子のためのコンサートには欠かせないものとなり、すっかり馴染んできて、会場中が楽しそうでした。シルク布の演出も効果的でしたね。そしてYasu、Maritによる『七夕のお話』のパネルシアター、子どもたちが、舞台に引き込まれて全身で聴いているのを感じました。音楽もお話とぴったりで、星空の織姫と彦星が目に見えるようでした。毎年繰り返される季節のお話は子どもたちだけでなく、大人にとっても大切な1年のリズムの流れの中、心の栄養となるものなのだと実感しています。パネルシアターの絵はFujiのお嬢さんに描いて頂き、色塗りはメンバーの皆さんによるもので、ご協力ありがとうございました。
 「おほしさま」のカノンは、七夕のお話の余韻に浸りながら、沢山のお星様がキラキラと光っているように聴こえ、ブラームスの子守歌は、ゆったりとしたテンポでこのまま眠りにつきたくなる位、癒されました。子守歌は七夕コンサートに毎回入れてもいいくらいライアーに良く合っていますね。
 最後は「にじ・そら・ほし・せかい」というまた素敵な曲に、渡辺さんのご紹介で出会うことができました。
 ライアー響会主催の歌声の講座にもこれまで多くのメンバーの皆さんが積極的に参加され、年々歌声も澄んできて自然に響き合ってくるようになってきましたね。この曲はNaoに素敵に編曲して頂き、その他、グロッケンパートや楽譜作成等、お世話になりありがとうございました。

 第2部は、Marit、のんのん、momo、Fujiの神秘的なミニシンバルの即興演奏で、星々の世界へと誘われ、会場もすっかり別世界と化し静寂に包まれましたね。小野純子さんの「星の呼び声」は精神性の高い光の曲でしたが、よく練習されて音が遠くまで響いて3曲が繋がって聞こえとても良かったです。おさちゃん、渡辺さん、Yasu、Nao、素敵な演奏をありがとうございました。
 お陰様で星座の曲へと、自然に導かれ、まるでそれぞれの星雲の中に身をおいて漂うがごとく、気持ち良く演奏できました。
 グリーンアイランドの曲は主に竹園クラスで取り組んでいただきましたが、会場、気候、それぞれの体調、参加メンバーによって、随分変化してしまうので、まとまるまでなかなか大変でしたね。テンポも揺れてしまうことが多くて、リコーダーも吹きにくかったことでしょう。特にFujiには、何かとご心労をおかけしてしまい申し訳なかったです。最後まとまってきたと思っていたのに、当日は、ずれてしまった曲があり残念でしたね。当初の予定通り2列にしておけば良かったかしら?
 「Tanabata Wish for Tohoku」は、お客様のお心にも届いたご様子で、嬉しかったですね☆
 ~ライアーは祈り~と言われます。これからも皆さんの健康と幸せ、そして平和を祈って、演奏し続けたいと思います。今回参加できなかった皆さんも、是非またご一緒に、これからもレパートリーとして繰り返し演奏していきたいですね。

Hisaの美しく彩られたお人形テーブルは、入口から見ると正面に映えて、会場の雰囲気をぐっと華やかに盛り立てて下さいました。お人形にご興味のある方々も多くいらっしゃいましたね。また秋のコンサートも、とても楽しみです。
 今回も、裕美さんに司会原稿をお願いし、お客様も飽きることなく、時々緊張も適度にほどけて好評でした。前夜、暗闇に恐怖を感じつつ舞台用の紫陽花を積みに行って下さったお話を伺いました。本当にいつも遠くから沢山のご準備をありがとうございます。お陰様で譜面台に紫陽花の花束が飾られ、可愛らしく素敵な演出でした。司会だけでなく写真撮影、沢山の小物楽器まで大変お疲れ様でした。
momoには、毎回のようにチラシの水彩画や、響きの森パンフレット等、大変お世話になりました。舞台背景も素晴らしかったです。

 今回は昨年よりも参加者が少なく、搬入搬出や会場セッティングも、それぞれのご負担が大きくなってしまったのでは、、、?と思われますが、Sumi、Yoko、Yamanがお手伝いにきてくださり、心強く、のんのん、Keko、には一部ではスタッフとしてお手伝い頂き、とても助かりました。
 いつものように息の合ったチームワークで、無事コンサートを終えることができて本当に良かったです。
 舞台を横に使用したことについて、1部のお客様の為には、ベビーカーも出入りしやすく、舞台もよく見えてとても良かったように思いますが、2部では、特に中央に空調が直接当たる場所で左右の音がお互いに聴こえづらかったそうです。またお客様の座る位置によってまるで聞こえ方が異なることも問題でした。またアルスホールという場合、2部はできれば、正面の舞台位置に戻して、演奏者も気持ち良い演奏ができるように何とか工夫できたら良いな~と思いますがいかがでしょうか?

来年もまた七夕コンサート、楽しみにしたいと思います♪

芝山恭子

この他のメンバーの感想はこちらのpdfで御覧ください。

クリスマスコンサートのお知らせ

 12月11日ノバホールにて、以下のスケジュールでつくばライアーの響き恒例のクリスマスコンサートをおこないます。

 第一部 11:15より  
  親子のためのクリスマスコンサート(赤ちゃんの参加可能)
 第二部、第三部 13:30からと14:00から
  クリスマスライアーコンサート(小学生以上)

詳細につきましては、こちらのチラシをご覧ください

11thコンサートへのご来場ありがとうございました

 昨日10/6日におこないましたつくばライアーの響き11thコンサートに多数のご来場をいただきありがとうございました。ライアーの生みの親であるルドルフ・シュタイナーの誕生日に合わせて、素敵なコンサートを開催できたことを嬉しく思います。
 コンサートの直前に撮影した写真を以下にアップしましたので、雰囲気をお楽しみください。

 つくばライアーの響き11thコンサート(直前)写真集はこちら

 

ライアーコンサートのお知らせ

10/27(土)14:00〜 
  オータムライアーコンサート (於:アトリエくらむぼん)

 毎年秋に開いております、川崎市、読売ランド前のアトリエくらむぼんの仲間たち8名によるオータムコンサートです。今年は、テレマン、ヘンデル、湯山昭作品のデュオや、ライアーの為に(フリーベ)のソロ演奏や、全員では、主よ人の望みの喜びよ、パッフェルベルのカノンなど演奏します。 
 響きの良いくらむぼんで、秋のひとときをお過ごしください。 
 お近くのお知り合いの方がいらしたら、どうぞお誘いください。

 詳細はこちらのチラシをご覧ください。


12/2(日)14:30〜 (於:音楽の友ホール)
  東京ライアーアンサンブル結成25周年記念演奏会

 結成25周年を迎えた東京ライアーアンサンブル演奏会、今回は震災の為のチャリティーコンサートです。 
 藤井喬梓氏作曲の『イーハトーブからの手紙』よりライアー版は、「水仙月の四日」「双子の星」「ビヂテリアン大祭」の3曲は藤井氏に指揮をしていただきます。吉松 隆作曲 ギターのための作品、イタリアのポリフォニーから等、多彩なプログラムです。私もメンバーに加わってから10年になります。

 皆様、どうぞお出かけください。詳しくは、momoによる素敵な水彩画とデザインのチラシをご覧ください。